髪への紫外線の影響と対策方法

MENU

髪への紫外線の影響と対策方法

お肌は紫外線を浴びると負担がかかると考えて多くの人が対策を行います。
しかし、髪の毛は無防備な状態で浴びてしまうことが多いようです。
髪の毛も紫外線による影響は受けており、実際に夏の間何の対策も行わずに紫外線を浴びてしまうと、秋口に入る頃にパサついてまとまらない状態になってしまいます。
ですから、お肌と同じようにしっかりと対策を立てなければなりません。

 

 

まず最初に考えなければならないのが、物理的に紫外線をカットすることです。
具体的な方法は、帽子や日傘で日よけを行います。
髪の長い人は帽子から出る部分も当たらないように、なるべくツバの大きいものを利用します。
これは曇っている日でも必要な対策であり、毎日気をつけることが大切です。

 

 

また、髪の毛が乾燥してくるとドライヤーの熱が影響するのではないかとドライヤーをかけることを止めてしまう人もいますが、これは逆効果です。
濡れた髪は素早く乾かして潤いを閉じ込めることで、乾燥を防ぐことができます。
濡れたまま寝るとキューティクルが剥がれてパサつきの原因になります。
ただ、ドライヤーをかける時には少し離した所から風を当てるような工夫も大切です。
近くで熱風を当てると負担にはなります。

 

 

 

髪を洗う際には通常通りの手順で構いませんが、保湿効果の高いトリートメントを取り入れるとコンディションが整いやすくなります。
潤いを閉じ込めておく力は通常のリンスよりもトリートメントの方が上ですので、髪の毛の状態を見ながら上手に取り入れます。
中には流さないタイプのトリートメントもありますが、傷みが酷い時にはそのような商品を使うのも一つの方法です。
しっとりとし過ぎるタイプはピンポイント使いにします。