塗る日焼け止めのデメリット

MENU

塗る日焼け止めのデメリット

塗る日焼け止めを使う場合のデメリットとはなんでしょうか。
まず、1度塗れば一日中焼けないというわけでないという点です。

 

 

外を歩いているだけでもこまめな塗り直しが必要ですが汗をかいて拭いたりプールや海に入ったら、すぐに塗りなおしたほうがいいという事です。
2時間から3時間おきに塗る直すことが理想的なのですが完全に日焼けしないように塗り直しをするのはなかなか大変な作業です。特に人目がある場所での塗り直しはかなり大変です。

 

 

そしてメイクの上からの塗り直しは難しいという事も大きなデメリットと言えます。
メイクの上からも使用可能な商品はいろいろありますが、素肌に塗るのに比べてやはり難しいです。
メイクのヨレなどにつながりやすいです。

 

 

しかし一番日焼けしたくない顔へは塗り直しをマメにしたいというのが当然なのです。
できるだけ塗り直ししないでいいようにと、少しでも長く効果がもつタイプの塗る日焼け止めを使うと肌に負担がかかりやすくなったりメイクが崩れやすくなったりという事もあります。

 

 

塗る日焼け止めに多く含まれている成分として紫外線吸収剤と紫外線散乱剤があります。
紫外線吸収剤が含まれている塗る日焼け止めは肌の内部に紫外線が入るのを防ぐ働きがありますが肌への負担が大きく乾燥してしまったり肌荒れを起こしてしまうという人もいます。日焼け止めを塗ることでカブレてしまうという人もいます。紫外線散乱剤は肌への負担が軽いのですが白浮きしやすいというデメリットがあります。

 

 

自分の肌に合う合わないを見極めてから日焼け止めを選ばないと肌を守るために使う日焼け止めで肌トラブルを起こしてしまうことがあるという事が一番のデメリットと言えます。"